医療事務科

HOME > 学科紹介 > 医療事務科

医療事務科

2年制 定員20名

専門知識と「思いやりの心」を身につけた
ワンランク上の医療事務を目指す

医療事務の専門知識や医療に関する基礎知識を学ぶとともに、電子カルテや医事会計システムなどの医事コンピュータ活用方法も習得します。そして、多くの演習や実習を通して医療現場で最も大切な「思いやりの心」を体得。同時にビジネスマナーや英会話、パソコンスキルのWord・Excelなどビジネス系のカリキュラムも学べるので、将来にわたり幅広くビジネス分野での活躍も可能です。

目標とする資格

診療報酬請求事務能力認定試験、医事コンピュータ技能検定試験、医科医療事務検定試験、医療秘書技能検定試験、調剤事務検定試験、ライフケアカラー検定、赤十字救急法救急員、介護基礎技能認定、医師事務作業補助技能認定試験、マイクロソフト認定 オフィススペシャリスト(Word/Excel) 他

活躍できる仕事

医療事務、医療秘書、介護事務、調剤事務、薬局事務、一般事務、パソコンインストラクター 他

特色

医療事務を中心に病院内業務に必要な知識を学ぶ

医療事務の基礎であり中心業務となる「レセプト(診療報酬明細書)」作成をメインに、病名や処置内容、薬の知織や効能、医療に関する専門用語や法律・規則などについてきめ細かに学習。また、さまざまな職場で働けるよう、医療秘書、介護事務、調剤事務や介護補助の知識もあわせて学びます。

「思いやりの心」を育む

患者さまが置かれた状況は人それぞれ。医療の現場では、患者さま一人ひとりに適切な対応が求められます。そこで、コミュニケーション能力やヒューマンスキルを高めるための接遇演習やグループ研究授業を通して、思いやりの心を育んでいきます。

医療機関でのインターンシップ

どんな環境で働き、学んだことをどう活かし、まだ何が足りないのかを、数週間の病院実習を通して学習。実際に現場を体験し、仕事に対する意識を高め、将来の自分をイメージしていきます

パソコンに強い人材を目指す

医療事務の世界では患者さまの基本情報の管理、検査・薬などの情報、診療請求まで、すべてパソコンで管理されています。それら現場で使われている医療事務コンピュータの操作方法・電子カルテへの対応を学びます。

ビジネス系職種全般に対応のカリキュラム

本科のカリキュラムは医療事務系だけでなく、ビジネスマナー・秘書・キャリアデザイン・心理学・カラーコーディネイト・プレゼンテーションなどにも対応。その他、コンピュータ分野でもマイクロソフトのWordやExcelを習得するなど、ビジネス実務能力を高めることで、職域の幅が広がります。

カリキュラム

医療保険制度・法規や診療報酬請求の事務手続きなど、医療事務や医療秘書に必要とされる知識や、電子カルテや医事コンピュータの活用方法などを学習。患者さまそれぞれに合わせた適切な対応力も身につけます。

ページトップへ
Copyright© 2016 SANGI. All Rights Reserved.